印籠 薬籠 四段 金蒔絵 内梨地 象牙緒締 柘植根付 蛤に寺院 1801-495

印籠 薬籠 四段 金蒔絵 内梨地 象牙緒締 柘植根付 蛤に寺院 1801-495

印籠 薬籠 四段 金蒔絵 内梨地 象牙緒締 柘植根付 蛤に寺院です。

金蒔絵が見事な内梨地の印籠です。
緒締めは象牙で通し穴に菊花文様、側面は窓に花が刻まれている、とても繊細な見事な彫りの逸品です。
それにもまして蛤を模した二枚貝の中に二階建ての寺院に、とても小さな人物が5体が彫刻された見事な根付です。
特に二階の人物は奥行のある空間の中心に刻まれており、名工ならでは技法を伺わせます。

サイズ
印籠
縦:約8.8cm
横:約6.0cm

緒締
径:約1.2cm

根付
重量:約20g

全重量:約100g

 

 

目立った損傷は見当たりませんが、古いものですので小キズ・汚れ等ございますので、写真を良くご確認の上ご購入をお願い致します。

この商品は送料無料です。

※写真をしっかり見て、個数・箱の有無、またキズ・カケ・汚れ・ニュウ等をご確認ください。

※共直しや修復、水漏れ、ニュウ、木製品の歪みについては確認しておりません。当方は購入したまま出品しておりますので、あるものとご判断下さい。

*アンティーク・ヴィンテージ商品ですので、経年による細かな痛み・キズ等ございます事をご承知の上ご購入下さい。
*極力細部に至るまでキズ・不具合はご報告しているつもりですが、見落としがある場合がございます事を予めご了承下さいますようお願い致します。
*当商品は別ショップでも販売しております為、行き違いで売り切れとなる場合がございます事、予めご了承下さいますよう宜しくお願い致します。

Start typing and press Enter to search